スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/7(wed) birth『イシヨ』発売

お久しぶりです。
LOVEtheFATE records佐野です。

ブログの更新が滞りましたが、遂にこれを発表する時がやって参りました。

birth-ishiyo



birth 『イシヨ』

1.音楽は変わった
2.好きなもの / 嫌いなもの
3.キョウイクのセイカ
4.砂鉄
5.大人になったら
6.年功序列に殺されかける

値段:1,575円(税込)
発売日:2012.03.07(wed)
品番:LTF-002
発売元:LOVEtheFATE records
販売元:CR-JAPAN



ライブも決まっています。


2012/02/19 @ 甲府KAZOO HALL
birth presents.
『サイカイ / イッカイ -akutagawa"dawn"レコ発 & birth"イシヨ"先行発売-』
w.akutagawa / heliotrope / bacho / the north end / THE NO EAR
OPEN 17:30 / START 18:00
ADV ¥1,500 / DAY ¥1,800


2012/03/24 @ 吉祥寺WARP
birth presents.
『サイカイ / ニカイ』
w.TBA
OPEN TBA / START TBA
ADV TBA / DAY TBA


2012/04/28 @ 京都
theorem presents.
『』
w.theorem ..and more
OPEN TBA / START TBA
ADV TBA / DAY TBA


2012/05/12 @ 仙台BIRD LAND
presents.
『』
w.TBA
OPEN TBA / START TBA
ADV TBA / DAY TBA


ここまで来るのにはいろいろな事がありました。

話は一昨年2010年のコンピレーションアルバム『HATE YOURSELF and LOVE the FATE』のツアーの横浜編の時までさかのぼる。僕はこの日の打ち上げで酔っ払ったbirthのコウタに聞いた。

「単独音源を出さないか?出すならフルアルバム、時期は来年の四月くらいがいい。」

この時のコウタの返事はハッキリしないものだった。コウタの身に起きていた、「とても大きな事」を知るのは次の年の一月になる。

これもまたコンピ『HYLF』に入ってもらったハイテンションセックスガールの企画に出演するbirthのドライバーとして、僕は一路大阪へとクルマを走らせていた。その道中、再び単独音源の話を振ってみたところ、唐突にしかし確実にコウタが言った。

「サノさん、おれ結婚したんすよ。」

面食らった僕を横目に、コウタはさらに続けて、

「子供も産まれるんすよ。」


僕はその時はじめて、コウタが何故アルバム作りをためらっていたかを知ったのである。さらに聞かされた「活動休止」という言葉。その「大きな事」を聞かされた時、僕は複雑な気持ちだった。

LOVEtheFATE recordsは個人レベルの小さなレーベルではあるがやはり継続的な活動をして行きたかった。
また単独音源をリリースするとすれば第一弾はbirthで、と心に決めていたのでそれが出来なくなったという事実に軽い落胆を覚える反面、結婚~出産というのは人生において1・2を争うくらい大切な事だと思うし、これまで一緒に活動してきた一人の人間「酒井浩太」の朗報に喜びを感じてもいた。

そして僕はこう返事をした。

「おめでとう!それはめでたいな。これから忙しくなるからバンドどころじゃない。音源の話は無しにしよう。」

確かこの時コウタはバンドを続けたい、という話をしていたと思ったが僕は「落ち着いてからにしたほうがいい」と嬉しさと残念な思いとが同居する複雑な気持ちの中、答えた覚えがある。


その後、コウタは桃の栽培・新婚生活~子育てと忙しくも幸せな日々を送っていた事だろう。
ドラムのシマもベースのケンジもまたそれぞれそうであったろう。

僕個人も3.11東日本大震災が起きて僕の祖父母が入院する事になったり、ドラムを叩いているseasonが忙しくなり、またももクロに熱を上げたりしてレーベルの方も止まってしまった。


そして、暑さも本格化した8月の終わり、コウタから連絡があった。

「再びbirthをやります。」

僕は直ぐにリリースの意向を伝えると彼らは快諾してくれた。それから今日まで僕が甲府に行ったり、彼らが東京に来たり、またメールや電話だったりとたくさんやり取りをしてようやく辿り着いたこの一枚。

正直なところ、僕なんて何もしていないに等しい。
全ては彼らbirthの力であってそれをチョットだけ後押ししているに過ぎない。
今ごろ真面目なコウタは俺のダメっぷりにまた怒ってるんだろうな、
なんて思いつつブログを書き進めています。

birthのコウタ・ケンジ・シマ。
あとデサム・けいちゃん・あすかちゃん・雨鉄さん・テツヤさん・コウタの嫁さん・タオくん、、、

甲府のみんな本当にありがとうです。
いろいろ抱え込みすぎる僕はいつも助けてもらっています。
他にも書き切れないくらいたくさんの人に助けてもらいました。
バンドやっててよかった、と素直に思います。

そうした全てが詰まった一枚、

birth『イシヨ』

必聴です。


LOVEtheFATE 佐野博之

「2010.12.18のtwitter限定特典について」

まず、この度の東日本大震災において
亡くなられた方々にお悔やみを、被災された方々にはお見舞い申し上げます。



このような状況で業務連絡で大変恐縮なのですが、

2010.12.18のtwitter限定特典について、
諸々の理由において発注が遅れた上、震災でTシャツ工場の生産がストップしてしまったため
皆様のお手元に届くにはもう少し時間が掛かります。

ご連絡が遅れてしまった事と合わせてお詫び申し上げるとともにご理解よろしくお願い致します。



LOVEtheFATE 佐野博之


追伸 昨日(2011.03.21)の新宿ナインスパイスでのweave企画で出店した
   僕の私物CD・Tシャツ中古販売で売り上げた11500円を

    5000円→DMMクーポン(上限枚数200円×25枚)
    6500円→ファミリーマート(義援金募金箱)

   という形で寄付させて頂きました。

   LOVEtheFATE recordsとしても被災地の一日でも早い復興を願っております。

「寄付について」

リリースツアー前の11月5日付けにて、
LOVEtheFATE recordsコンピレーションアルバム『HATE YOURSELF and LOVE the FATE』の売り上げの5%をNPO法人パーキンソン病完治基金に寄付させて頂きました。


この寄付金が今後のパーキンソン病の完治に向けた医療や臨床技術の
進歩に役立つことを当レーベルとしても切に願っております。


詳細はパーキンソン病完治基金のホームページにてご確認下さい。


http://blog.vsparkinson.jp/archives/110


よろしくお願い致します。


LOVEtheFATE佐野

『HATE YOURSELF and LOVE the FATE』 release tour final 詳細・改

『HATE YOURSELF and LOVE the FATE』
release tour final


2010/12/18(SAT) @新宿NINE SPICES
LOVEtheFATE records presents
『HATE YOURSELF and LOVE the FATE』release tour final
open 13:30 / start 14:30 adv \1500 /door \2000

[act]
greensheep(東京), birth(甲府), s-explode(熊谷), 静カニ潜ム日々(横浜), ricolt(高崎), stereotype(静岡) , ハイテンションセックスガール(大阪) , Qurage(山形) , theorem(京都) , midnight parade(新潟)

[food]
やっちお菓子工房
出来るなつこのスペシャルカレー
今井ファーム

※ twitter限定特典あり※
12月11日0:00~12月17日23:59までに
LOVE_the_FATE ( http://twitter.com/#!/LOVE_the_FATE )へ
「限定特典」と書いてダイレクトメッセージを送ると特典がもらえます



出演順

①14:30~14:55 ハイテンションセックスガール
②15:10~15:35 s-explode
③15:50~16:15 stereotype
④16:30~16:55 midnight parade
⑤17:10~17:35 Qurage
⑥17:50~18:15 ricolt
⑦18:30~18:55 theorem
⑧19:10~19:35 greensheep
⑨19:50~20:15 birth
⑩20:30~20:55 静カニ潜ム日々

※新宿NINE SPICESは再入場可
※当日混雑が予想されるため物販をOPEN~START間と終演後の二回に分けて行います


『HATE YOURSELF and LOVE the FATE』release tour 第三陣

さあ、今週末の『HATE YOURSELF and LOVE the FATE』release tourはこの2カ所です。


12月4日(土) @沼津 CRC
light in the cage distro & further platonix presents
『HATE YOURSELF and LOVE the FATE』release tour
open 14:00 / start14:30 adv /door \1500
[act] stereotype (静岡) birth(山梨) greensheep (東京) midnight parade(新潟) weave(横浜) Allie (名古屋) みなとまち(東京) FLEXEYE(静岡) Kitten(東京/仙台) Mermort Sounds Film(東京) 五月雨ショートケイクス(東京/伊豆)


12月5日(日) @甲府 KAZOO HALL
birth presents
『HATE YOURSELF and LOVE the FATE』release tour
open 17:00 / start 17:00 adv \1500 /door \1800
[act] birth (山梨) greensheep (東京) 静カニ潜ム日々 (横浜) ricolt (群馬) stereotype (静岡) The Hacked Rabbit House (山梨) テレグラフ (山梨) shames (山梨)

※当日は機材をフロアにおろしてライブを行います



「いったい何が正しいのか、いったい何が答えなのか」

探しても探しても見つかりやしない。もしかしたら「正義」や「答え」なんてものは存在しないのかもしれない。それなのに自分が「これだ」と決めて踏み出した一歩が誤解され評価されず、さらには批判・誹謗・中傷の的になる。また、いくつもの偶然が重なって目を覆いたくなるような事実が現前とすることさえある。それを受けて悩み、苦しみ、落ち込み、悲観し、「もうだめだ」「どうせ」「どうして」と投げ遣りになり自分や他人を責め立てる。そう、人生は辛辣なまでに難題ばかりを僕らに突き付けてくるし、

「いつまで経っても世界は僕らに味方しない」

しかし、こう思う。辛いからこそ大変だからこそやりがいがある。だからこそそれを乗り越えたときに意味があると思う。少なくとも乗り越えようという意志は持ちたい。そうして生を肯定し光を放とうとすればいつか道は開けてくるし希望は見えてくる。


きっとそんな企画なんだ。

東京から山一つ越えた場所はなぜかシーンが根付きにくい。

4日(土)はstereotype自身、初めての地元静岡での企画。正直な話、僕はstereotype芹沢に「危険だからやめた方がいい」とまで言ったんだ。だけど、彼は自分の意見を曲げなかった。ぜひ企画させて欲しいという力強い言葉と意志と熱意に僕は期待しているし、何よりも楽しみだ。

5日(日)はbirthの企画。彼らが東京から山梨に戻ってからかなり経つが、いまだシーンが根付くまでには至っていないのが現状だ。前回も書いたけどシーンってのは一朝一夕で出来るものじゃない。でも、少しずつだけど芽は出始めている。それも彼らが甲府BODEGAでツアーバンドのライブを企画し続けた賜物なんだ。いつかドラムの島が力強く僕に言った。「甲府にシーンを作りたい」と。彼らの意志は少しずつ形をなしてきている。きっとこの日はその節目になるはずだ。

ゼロから自分たちの力で何かを始めるってことは簡単なことじゃない。もっと楽な道はいくらでもあったはずなんだ。それでも、そんな険しい道を自ら選び希望を見いだそうとしている彼らに心から敬意を表します。そしてこの2バンドは今回のコンピの中でも一番付き合いが長い。それだけに一頻り思い入れも深い。

何の真似事でもない。
風邪も悩みも吹っ飛ぶライブが見れるよ。
最高に楽しく希望に満ちた2日間にしよう。

そして最期には僕は僕の筋を通す。


LOVEtheFATE 佐野


追記 おいしい桃を食べたい人はbirthコウタくんに話しかけてみよう。いい話が聞けるよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。