スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「HATE YOURSELF and LOVE the FATE」release tour 第二陣

さて、「HATE YOURSELF and LOVE the FATE」release tour 今週はこの2カ所。

11月13日(土) @熊谷 blue forest
s-explode & ricolt presents
「HATE YOURSELF and LOVE the FATE」release tour
open 17:00 / start 17:30 adv/door ¥1500(D別)

[act] s-explode(熊谷) /ricolt(高崎) / greensheep(東京) / birth(甲府) / 静カニ潜ム日々(横浜) / weird(奈良) / ドラびでお



11月14日(日) @関内B.B.street
静カニ潜ム日々 presents
「HATE YOURSELF and LOVE the FATE」release tour
open 15:30 / start 16:00 adv ¥1500 / door ¥1800 (D別)
※高校生無料(要学生証)

[act] 静カニ潜ム日々(横浜) / birth(甲府) / greensheep (東京) / weird(奈良) / stereotype(静岡) / weave(横須賀) / s-explode(熊谷) / 反好旗(横浜) / valows(横浜)

FOOD:カレー食堂(¥300)


 13日に企画のs-explodeは先日までアメリカツアーに行っていて日本に帰ってきたばかり。そんな忙しい中企画してくれて本当に感謝している。そして彼ら、特にVoの今井さんの企画ライブを初め自らライブハウスのバーに立ったり、また農業という営みを通した独創的な視点からジンを作成するなど様々な方法で地元を盛り上げようとしている。彼の「熊谷に音楽を根付かせよう」とする強い意志にはただただ感心するばかりだ。今回は彼らの後輩であるricoltも企画をサポートしてくれている。甲乙付けるのは余り良くないが、実は彼らの提供してくれた「歪んだ性質」は今回のコンピの中で個人的には一番好きなんだ。ライブが楽しみでしょうがない。
 そして何と言ってもmortar recordの存在。雑な言い方かもしれないが名古屋・大阪などに比べ明らかに人口が少ない地方都市でこうしたインディーを中心に取り扱うレコ屋を経営している事自体がとんでもないことだと思う。僕ごときが言う事ではないが、一朝一夕で出来る事ではないし、半端な意志では到底なし得ないことは容易にわかる。

 そして14日に企画してくれる静カニ潜ム日々。細かいところまで話すとキリが無くなるので程々にしておくが、彼らも定期的に天王町オレンジカウンティで地方のツアーバンドのライブを企画したり、最近は彼らの道場でもあるスタジオオリーブでスタジオライブを開催したりと地元である天王町、もっと言うと横浜という土地のバンドシーンを彼らなりの方法論で盛り上げようとしている。そしてフロントマンの川元君の行動力とバンドへの愛には頭が上がらない。余談だが、酒を飲んでいるときの彼を見ると本当に憎めない男だ、と思う。

 長くなったがバンド同士も仲が良く、地元を非常に大切にするという共通点を持つこの2バンドの企画が連続したことは何か運命的なものを感じずにはいられない。見に来るみんなは「熊谷と横浜は一日にしてならず」ということを再認識させられることだろう。

「HATE YOURSELF and LOVE the FATE」が少しでも彼らの活動にとってプラスになったとしたら本望です。

僕も気を引き締める必要がある。
冷めない怒りはこの2日にぶつけよう。

LOVE the FATE 佐野
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。